こわれたり、動かなくなった大切なおもちゃを直しませんか。

 私たちは、こわれたり、動かなくなったおもちゃを原則無料で修理する、全国組織のボランティア団体である「日本おもちゃ病院協会」の認定病院です。

 

 なお、おもちゃの修理は原則無料ですが、部品の交換や材料の購入等が必要な場合は、実費を頂くことがあります。

 また、代替品や必要な材料の入手が困難な場合には修理のできない場合があります。

 

《おもちゃドクターからのワンポイント・アドバイス》

 乾電池を使うおもちゃでは、乾電池の性能低下により持ち込まれる例が多くあります。

 特に、モーターで動かすおもちゃは大きな電力を使用するため、なるべく新しい乾電池をお使いください。

 

  乾電池は、機構上劣化が進むと内部の電解液が漏れだす恐れがあります。この液漏れはおもちゃに重大な被害をもたらしますので、長い間おもちゃを使わないときには、必ず乾電池を外しておいてください。また、新旧の乾電池や、異なるメーカの乾電池を一緒に使用した場合にも液漏れの恐れがあります。

 この漏れ出した電解質は強アルカリ性ですので、万一触れた場合にはすぐにきれいな水で十分洗い流してください。